イレイザー ヘッド 映画

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

マルホランド・ドライブ 年 インランド・エンパイア 年. イレイザーヘッドを通して散りばめられたもっとも顕著なイメージは、 人の肉体というものへの嫌悪感 。特に、人生の中でもっとも グチョグチョした肉体性 があらわになる瞬間である、 分娩・出産 というものへの(主人公ヘンリーの)ひどく偏った嫌悪感というものになるだろうと思われます。. 今回の上映は 4Kデジタル復元版 とのことで、確かに40年前の作品とは思えない、 くっきりクリアーな映像 でした。劇場で観ると、やはり 音響に圧倒 されますね。イレイザーヘッドはほぼ音楽というよりノイズなのですが、 お腹に響く強烈なノイズ が味わえます。.

第二の試論は、絶えずリンチ映画に癒着する 浮気願望 。 育児に嫌気が差した恋人が実家に帰ってしまうと、ヘンリーは向かいの部屋の美女との情事に耽り(現実か妄想かは判然としない)、白濁したプール状のベッド(精液の隠喩)に抱き合ったまま沈んでいく。 『 ブルーベルベット 』 でも、 ローラ・ダーン を恋人に持つ カイル・マクラクラン は イザベラ・ロッセリーニ とのセックスに溺れてゆくし(だけど私生活ではカイルではなくリンチ自身が イザベラ・ロッセリーニ と浮気して二度目の離婚に至っている!)、 『 ツイン・ピークス 』 (90年) でも姦淫は大きなテーマとして扱われていた。 だが90年代中期を境に、リンチ映画における浮気願望は「 男の浮気」から「女の浮気」 に変わっていくことが独自の調査により判明。 たとえば 『 ロスト・ハイウェイ 』 は妻の浮気を疑うサックス奏者の話だし、 『 マルホランド・ドライブ 』 (01年) でも妻の浮気現場を目撃する映画監督が出てくる(もしかしてリンチの実体験?)。. 映画の完成後、ニューヨーク映画祭に応募したが断られ、最初の上映でも24人しか客が入らず [2] 、批評誌のほとんどが酷評した。しかし、アメリカの独立系映画館で深夜上映(レイトショー)されると、不気味さが一層際立ったため、観る者に強烈なインパクトを与えることに成功し、次第に「ミッドナイト・カルト」と呼ばれ一部に熱狂的支持を受ける。.

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 好奇心こそが 魔界 の扉を開く鍵である 。. この作り方はデビューの「 イレイザーヘッド 」から最新作の「 インランド・エンパイア 」まで一貫しています。バランスがわかりやすさとユーモアの方にぐっと振られると「ツインピークス」のような作品になって お茶の間に浸透 し、アートの方向に振られると「インランド・エンパイア」のような作品になるのだということができます。そのそれぞれは決して 娯楽作品とアートというような区別 をしているわけではなく、その時々に作りたい アートの形の違い なんだろうと思います。.

表示 閲覧 編集 履歴表示. 本作のフィルムは、 年 に アメリカ国立フィルム登録簿 ( National Film Registry )に選定・登録され、 アメリカ議会図書館 に保存されている。.

4K 40 ! 50 SF. 7 92 .

  • この記事は 英語版Wikipediaの 対応するページ を翻訳することにより充実させることができます。 ( 年2月 ) 翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。. イレイザーヘッドの解説ありがとうございました。 凄いですね(理解力もリンチ愛も)内容が分かりすっきりしました。 スパイクロッドさんの解説にあった惑星ですが、惑星にも思えつつ、子宮か卵子なのかとも思うけれど、最後は割れていましたから惑星なんでしょうかね。 リンチ監督素敵ですね。自費制作でこのリスキーな映画を最初にとった監督の妥協をしない信念にも感動。オーストリア留学をすぐにやめただけのことはありますね。 この映画、人の目にとまって、影響力のある人の目にとまってマルホランドドライブや ツインピークスにつながって、良かった。.
  • コメント ダムダム人 より:.

お調べになった童話に間違いないです!!! さすがよくお調べになられましたね! こういう機械を現代人につけたら全員砂に埋もれてしまう気がします。 子供向けの小説で、ほかにも「フランクリン遠征」を モデルにしたと思われる作品が読みたいのですが これも電網検索でもまったくヒットしません。 これを呼んだのは学研が年に一回発売していた雑誌に掲載されていたものでした。 確か「北極への白い道」と言う様なタイトルでした。 あと覚えているのは船長の名前が「デロング」と言う様な名前でした。. ダムダム人 より:.

イレイザーヘッドの解説ありがとうございました。 凄いですね(理解力もリンチ愛も)内容が分かりすっきりしました。 スパイクロッドさんの解説にあった惑星ですが、惑星にも思えつつ、子宮か卵子なのかとも思うけれど、最後は割れていましたから惑星なんでしょうかね。 リンチ監督素敵ですね。自費制作でこのリスキーな映画を最初にとった監督の妥協をしない信念にも感動。オーストリア留学をすぐにやめただけのことはありますね。 この映画、人の目にとまって、影響力のある人の目にとまってマルホランドドライブや ツインピークスにつながって、良かった。. マルホランド・ドライブ 年 インランド・エンパイア 年. サウンドトラック も印象的で話題となり、年にはリンチ自身が新たに音響などに手を施した「完全版」がビデオで発売された。 ピッチフォーク を初めとする音楽メディアからも高い評価を受けている。. 気付いたら 魔界 、みたいな。.

50 SF .

面白い映画は手放しに褒めちぎり、くだらない映画はメタメタにけなす! 歯に衣着せぬハートフル本音映画評!

当ブログの管理人スパイクロッドを構成するうえで欠かすことのできない最重要映画、満を持しての登場!てなわけでネタバレです。徹底解説です。正解かどうかは知らんがな! スポンサーリンク. だが、これは単に色恋沙汰を描いているのではない。リンチ映画における浮気とは 好奇心 の比喩であり、すべてのキャラクターは なまじ好奇心を抱いて深入りしてしまったがために悪夢的世界に滑り落ちていく 。. 想像力を思いきり発射させた異形のデビュー作、 『 イレイザーヘッド 』 。. カルト映画の金字塔として一部の物好きから激烈に愛されている 『 イレイザーヘッド 』 。.

…2. 90 90 01 ? The End.

当ブログの管理人スパイクロッドを構成するうえで欠かすことのできない最重要映画、満を持しての登場!てなわけでネタバレです。徹底解説です。正解かどうかは知らんがな! スポンサーリンク. 共演は『トレマーズ』のシャーロット・スチュワート。音楽というか劇中歌の『In Heaven』を作曲したのはピーター・アイヴス。リンチの娘でありのちに映画監督となったジェニファー・チャンバース・リンチも端役で出演しております。. しかしそのドラマの部分で、実はとても上手なんですね。非常に 堅実な語り口 で、 ストーリーをわかりやすく語る ことができる。シュールで難解と言われることが多いけど、 ドラマ部分でわからなくなることはほとんどない と思います。.

イレイザーヘッドを通して散りばめられたもっとも顕著なイメージは、 人の肉体というものへの嫌悪感 。特に、人生の中でもっとも グチョグチョした肉体性 があらわになる瞬間である、 分娩・出産 というものへの(主人公ヘンリーの)ひどく偏った嫌悪感というものになるだろうと思われます。.

314 UTC - Cookie. Wikipedia 2 []. Eraserhead.

第二の試論は、絶えずリンチ映画に癒着する 浮気願望 。 育児に嫌気が差した恋人が実家に帰ってしまうと、ヘンリーは向かいの部屋の美女との情事に耽り(現実か妄想かは判然としない)、白濁したプール状のベッド(精液の隠喩)に抱き合ったまま沈んでいく。 『 ブルーベルベット 』 でも、 ローラ・ダーン を恋人に持つ カイル・マクラクラン は イザベラ・ロッセリーニ とのセックスに溺れてゆくし(だけど私生活ではカイルではなくリンチ自身が イザベラ・ロッセリーニ と浮気して二度目の離婚に至っている!)、 『 ツイン・ピークス 』 (90年) でも姦淫は大きなテーマとして扱われていた。 だが90年代中期を境に、リンチ映画における浮気願望は「 男の浮気」から「女の浮気」 に変わっていくことが独自の調査により判明。 たとえば 『 ロスト・ハイウェイ 』 は妻の浮気を疑うサックス奏者の話だし、 『 マルホランド・ドライブ 』 (01年) でも妻の浮気現場を目撃する映画監督が出てくる(もしかしてリンチの実体験?)。.

夜な夜な泣かれて精神がおかしくなったヘンリーは、 ラジエータ ーの中で胎児をヒールで踏み潰しながら歌い踊る女( ラジエータ ー・レディ) の不気味なパフォーマンスを鑑賞したり、なぜか自分の頭部が切断されて工場で消しゴム付き鉛筆の材料にされる悪夢などにうなされ、精神限界、ついにはハサミで赤ん坊を殺害する…。. マルホランド・ドライブ 年 インランド・エンパイア 年. 残されたヘンリーは次第に精神に破綻をきたし、部屋のラジエーターの中から現れる少女の幻影を見るようになる。少女の歌に導かれるように倒錯した世界を漂うヘンリーは赤ん坊をハサミで殺し、自身も 天国 へ憧れを抱きはじめるのだった。.

  • Katashi 27.09.2020 11:44

    表 話 編 歴 デヴィッド・リンチ 監督作品 年代 イレイザーヘッド 年.

  • Hiroyuki 30.09.2020 17:09

    当ブログの管理人スパイクロッドを構成するうえで欠かすことのできない最重要映画、満を持しての登場!てなわけでネタバレです。徹底解説です。正解かどうかは知らんがな! スポンサーリンク.

  • Kiko 29.09.2020 18:44

    リンチの映画って、基本的な作りとして「 まずアート 」だと思います。ドラマ映画を作ってそこにアートの味つけを加えてる…っていうんじゃなくて、初めから 映像と音とストーリーの融合によるアート作品 を作ることを目指している。自分のイメージするアートを完成させるにあたって、その要素として必要だからドラマを語っている。そんな印象を受けます。.