まともなのは僕だけか!?

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

そうなると第2章で起こった隔離棟の バイオハザード も、この二人が本当の犯人である可能性が出てきます。 (ちなみに『 年』の中で オセアニア は定期的に敵国のロケット弾攻撃を受け、大勢の死者を出しています。ですが中盤で「実はこのロケット弾は オセアニア 政府自身が発射しているのではないか」という話が出てきます。結局その真相はわからないままですが、その目的としては死者を大勢出すことで敵に対する国民の憎悪を煽り、さらに戦時であることを常に国民に自覚させることで士気を高められるからだそうです。). 尋問の後、DDの面々の前に引きずり出されたエメリッヒはミラーによって「裁判」にかけられる。 オセロットが罪状を読み上げ、ミラーがそれを追求。スタッフ達が口々に「殺せ」「殺せ」と叫ぶ中、処分を任せられたスネークは…….

スタッフとしての能力は、研究はもちろん最高値であるS、何気に諜報もAと高水準。 実戦、医療、糧食に関しては軒並み低いが、実戦部隊に配備してもミッションに出撃は出来ないし、 彼を研究開発班に配属させないとストーリーが進まない(真のエンディングの条件であるメタルギアZEKEを開発できない) 他の部署に移動させるメリットもないため、特に影響はないだろう。. これは、MSFを核武装したスネークへの不信感を強めたエメリッヒが、サイファーへ寝返るために自身の身柄を確保することを条件に、襲撃を手引きした疑いをかけられている。 直前にストレンジラブがマザーベースを離脱していることも、それを裏付ける証拠として挙げられている。. ただし、真偽問わず、彼の行動がスネーク達を壊滅、不利に追い込む利敵行為であったことは紛れもない事実であり、これまでの行いと言動からして、疑われても文句は言えない。 マザーベース崩壊の件はヒューイの見通しが甘すぎただけでシロの可能性はあるが、他はクロと言われても文句が言えないのだ。 そして最終的にエマに大きなトラウマを植え付けてしまうため、やはりヒューイが完全にシロとは言い切れない。.

その後カズはヒューイの調査に集中し、ザ・ボスを模したAIが搭載されたママルポッドを回収、その中からストレンジラブの遺体を発見します。 カズは即座にヒューイによる殺人だと断定し、しばらく行われていなかったヒューイに対する尋問を再開します。. しかし、ここでヒューイがかけているメガネが、 小島秀夫 の愛用しているメガネと同じものだというのです。.

MGS5. MGS. TPP.

ビックボスの判断によりヒューイはマザーベースからの追放だけで許されました。 ヒューイを処刑したかったカズも他のスタッフもその判断に納得できず、不満が残ります。 ヒューイは「僕は悪くない」「まともなのは僕だけか」と叫びながらマザーベースを去っていきます。彼は最後まで罪を認めませんでした。. 核戦争後の近未来、世界は オセアニア 、ユーラシア、 イース タシアという三つの超大国に分割統治されています。 その中の一つ、 独裁国家 オセアニア は指導者「ビックブラザー」とイングソック党の支配下に置かれていました。 オセアニア は常に他の二つの大国の内どちらかと戦争状態にあり、テレスクリーンという監視装置と思想警察によって国民の生活は完全に監視されています。.
  • 走り屋になりたい田舎者   年12月15日 火 Good : 1 / Bad : 0   報告 たしかにこの仮説、ヒューイを追放してしばらくたった今考えるとありえない話ではないですね。 返信: 上連ヤグネ  年12月15日 火  感想ありがとうございます。賛同していただけたようで、この仮説を投稿した甲斐があるというものです。 以下、仮称PWヒューイの弁論です。  そう、あり得ない話ではないんだ。何せ入れ替わりはこのMGSV:TPPの物語における根幹だからね。それを敵側が行ってこないと考えるのは危険だったんだよスネーク。  ZEKEに搭載した核の話然り、明らかに嘘だと分かることを喋っているのは、僕なりの勇気だったんだ。サイファーに偽物を潜り込ませても、本人の記憶と違うことを本当だと脳が思いながら話すことは不可能だ。スネークだけじゃない、ミラーでもいい。彼ならそう気付いてくれる。そう信じていたんだ。  そう、劇中の僕の言動はどう見ても別人じゃないか! それをあっさり信じ込んで。まともなのは僕だけか!?.
  • 第2章は『 年』を明らかに意識したカズの演説から始まります。そしてそのラストシーンは、 オセアニア のようにマザーベースの 全体主義 化が完了したことを意味しているように思えるのです 。. タグ一覧 登録が多い順.

ブログ復活しました。主に映画・アニメ・ゲームの雑記、レビューをしていくつもりです。

ハッキリ言って、『 メタルギアソリッド5 』の後半におけるダイヤモンドドックズはまるで、この ビッグブラザー によって支配された オセアニア にそっくりなのです。. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. しかし 小島秀夫 は『MGS5』の発表当初からお客への意図的なミ スリード を繰り返してきました。『 ファントムペイン 』という謎のゲームを、無名のメーカーのふりをして発表、後に「実は『MGS5』でした」と公表するという演出を 小島監督 は行っています。.

アニヲタWiki 仮. ややメタ的な事を言えば、殆どのキャラには物事の真実・真相を収録したテープが用意されているが、エメリッヒに限って1本も用意されていない。 パスやストレンジラブの末路は勿論、本編に登場しないゼロですら、ジャックを想う行動を収録したテープが用意されているにも関わらず…である。 さらに言えば、スネーク プレイヤー がヒューイの調査に関わらせてもらえず、全てミラーとオセロットだけで済ませてしまっている事も怪しい。 シロかクロかというよりは、開発側によって「意図的にシロかクロか断定できないように作ってある」と言った方が正しいであろう。 とはいえ、MGS2をプレイ済みのプレイヤーから見れば、「PWのヒューイ」が出てくるまでのエメリッヒは「娘を道連れに自宅のプールで無理心中を図ろうとする自分勝手な男」であることは間違いなく 彼がそのような末路を迎えるにはあまりにも違和感がありすぎるため、その末路に至るための演出とも見れる。.

嘘に嘘を重ねた結果、もはやエメリッヒ自身にも何が真実で何が嘘かさえ分からなくなっている。 解離性同一性障害を発症している疑いもあり、自白剤も意味を成さず、オセロットでさえ尋問中にあきれ果てている。. ヒューイは尋問の中で、途中何度もカズや オセロット から「お前は自分に嘘をついている」「自分を誤魔化している」といった『説得』を受けることになります。 オセロット のセリフを引用すると ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー.

2 MGS5.           .

引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. 完成を待てないスカルフェイスによってサヘラントロプスを押収されそうになったため、ダイヤモンド・ドッグスへの亡命を希望。 マザーベース崩壊はエメリッヒのせいだと考える カズヒラ・ミラー の依頼によってスネークが救出=拉致に向かった。 ミラーを始めとした旧マザーベーススタッフには、MSF壊滅の張本人であるとして並々ならぬ憎悪を向けられており、 彼らにリンチされることを懸念したスネークとミラーによって、保護の名の下に再び軟禁され、技術開発スタッフとして扱われた。. ですが、もしかしたら、これは 小島監督 が意図的に残した穴かもしれません。 その理由としてあげられるのが、これから説明していく ジョージ・オーウェル の『 年』からの影響です。今回の『MGS5』は予告編の時点から『 年』の影響化にあることを堂々と宣言しています。.

BIG BROTHER IS WATCHING YOU.

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. 小島秀夫 はプレーヤー自身に『 年』の世界を作らせました。. 本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 序章 「本当にダイヤモンド・ドックズは悪に墜ちたのか?」. 小島監督 は普段から現在の日本のゲーム業界が次第に ガラパゴス化 し、孤立していくことに危機感を感じていた人です。 暴走をやめないダイヤモンドックズに対し、「まともなのは僕だけか!?」「僕は皆のためを思ってやったんだ」「僕は悪くない」などとヒューイが叫びますが、傲慢にも聞こえるこの言葉を 小島秀夫 自身の気持ちだと考えるなら、そこにはゲーム業界がただ売り上げのみを重視していく現在の状況に対して普段から警鐘を鳴らし、世界に挑戦できる大作ゲームを作ろうとした 小島監督 の切実な本音が込められているような気がします。 劇中のヒューイのように 小島秀夫 も今や、日本のゲーム業界で孤独になってしまったのではないでしょうか?.

  • 尋問の後、DDの面々の前に引きずり出されたエメリッヒはミラーによって「裁判」にかけられる。 オセロットが罪状を読み上げ、ミラーがそれを追求。スタッフ達が口々に「殺せ」「殺せ」と叫ぶ中、処分を任せられたスネークは…….
  • この2章の唐突な終わりとスッキリしない感じが『MGS5』の批判の大きな理由となっていて、僕もその気持ちはわかります。前回の記事でも書いたように、今回のス トー リーや設定には明らかに穴があります。.
  • ヒューイがこのメガネをかけているのは、追放されるこのシーンだけであり、他のシーンでは違うメガネをかけているようです。 (これは間違いでした。実際は、中盤に オセロット に眼鏡を溶かされてからはずっとこの眼鏡をしているようです。).
  • サヘラントロプスにペイントされている髑髏のエンブレムは、パンゲア大陸をモチーフとしたMSFの印であり、自身が裏切り者ではない証拠だとエメリッヒは語る。 だが、当然ながら髑髏はスカルフェイスのシンボルでもある。 本当にスネークたちを仲間だと思っているのであれば、いずれ対峙するであろうスネークがサヘラントロプスを攻撃・破壊しやすいようにする事も出来るはずが、逆に進んで弱点を消すようにしている。 とはいえこれに関してはスカルフェイスの監視の目もあるため、逆らえなかったとも見れるが。.

2 BIG BOSS IS WATCHING YOU. 1 … MGS2PWまともなのは僕だけか!?. 1 0 10!

ややメタ的な事を言えば、殆どのキャラには物事の真実・真相を収録したテープが用意されているが、エメリッヒに限って1本も用意されていない。 パスやストレンジラブの末路は勿論、本編に登場しないゼロですら、ジャックを想う行動を収録したテープが用意されているにも関わらず…である。 さらに言えば、スネーク プレイヤー がヒューイの調査に関わらせてもらえず、全てミラーとオセロットだけで済ませてしまっている事も怪しい。 シロかクロかというよりは、開発側によって「意図的にシロかクロか断定できないように作ってある」と言った方が正しいであろう。 とはいえ、MGS2をプレイ済みのプレイヤーから見れば、「PWのヒューイ」が出てくるまでのエメリッヒは「娘を道連れに自宅のプールで無理心中を図ろうとする自分勝手な男」であることは間違いなく 彼がそのような末路を迎えるにはあまりにも違和感がありすぎるため、その末路に至るための演出とも見れる。.

それを説明するためには、まず『 年』という小説について話さなくてはなりません。. これは、MSFを核武装したスネークへの不信感を強めたエメリッヒが、サイファーへ寝返るために自身の身柄を確保することを条件に、襲撃を手引きした疑いをかけられている。 直前にストレンジラブがマザーベースを離脱していることも、それを裏付ける証拠として挙げられている。.

BIG BROTHER IS WATCHING YOU. MGS5 .

  • Shikha 28.11.2020 20:22

    引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる.