その心笑ってるね 全文

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

来年はうちらが優勝するんじゃけえ。」 と目を輝かせて話してくれた娘に、心の中でエールを送る母でした。. 山田: そう。娯楽って言葉をああだこうだって言うのは、あまり意味のあることじゃないと思うけど、ともあれ人を楽しませるっていうことは、とても大変なことだし、難しいことだし、そのために僕たちは一生をかけてるんじゃないかな。また大勢のつくり手たちがね。あなた方を含めて。.

あーー!今年楽しかった!!! そうやって終われることがめちゃくちゃに嬉しくて楽しい。 それもこれもぜんぶもちろん那須くんのおかげである 来年度もどんどん見切れてほしい 去年の今頃、家でごろごろしながら私は「いや〜まさか二年連続ソシャゲにピーー…. ある日,いつもは,私の横でぬいぐるみを抱えて一緒に寝る小学1年生の娘が,違う部屋で寝ると言い出した。  娘はインフルエンザに罹っており,前日までは,夜になると高熱にうなされ,私の体に,がしっとしがみついて寝ていたのにである。  どうしたのかな,嫌われちゃったのかな。と母としては何となく複雑な思いを抱きながら数日が経過した。  インフルエンザも快方に向かっていたころ,「私と寝るのが嫌になったんかね。」とつぶやくと,主人が,「『お母さんにうつしちゃいけんけえ』って言ってたよ。」と教えてくれた。  家族で,私だけがインフルエンザに罹っていないのを気にかけての行動だったとのこと。  まだまだ,ぬいぐるみを手放せない1年生が,私の身体のことを気遣ってくれていたことに驚き,娘の優しさとともに成長を感じることができた。  今では,娘も元気になり,いつものように,ぬいぐるみを抱えて一緒に布団に入る日々が戻ってきている。.

市内へ通勤するようになって2年が過ぎた。片道1時間半かかるこの経路は,実は27年前に父が通勤していたと同じ道のりでもある。先日,所用で市内に出かけるという父と,久しぶりに同じバスに乗り合わせることにした。 「お父さんも昔,毎日この道を通っていたんだよねえ。」 「まさか,親子で同じ道を通うようになるとはね。」 「私は行きも帰りもほとんどバスの中で寝てるけど,お父さんも,寝てた?」 一方的に私がしゃべり,父は微笑みながら黙ってそれを聞いていた。  しばらくして,バスが峠道にさしかかったとき,突然,父が「ここに小さな社があるが,知っているか。」と言う。峠を下りきったところにひっそりとその社はあった。正直なところ,その存在は知っていたものの,特に気を留めたことはなかった。というより,無信心な私は,ほとんど連日眠り込んだままで,通り過ぎている場所でもあった。何と父は,その社の前をバスが通り過ぎる時,毎朝心の中で手を合わせていたと言うのだ。 「何を祈ることがあったん?」 驚いて尋ねると,父は真面目な顔をして, 「道中の安全と家族の無事。」 その言葉に再び驚いた。往復3時間あまりの通勤途上,父もきっといろいろなことを考えていたのだろう。仕事のことはもちろん,母のこと,私たち娘のこと,自分の健康のこともあったかもしれない………,当時は今ほど交通時事情もよくなかったし,安全についてもきっと不安が大きかったことだろう。  そして,当時の私は高校生,まさに多感な時期で,父とじっくり話をすることはあまりなかったように思う。家に帰れば仕事の話など一切しない父だったし,朝早く出て夜遅く帰ってくる父に,私は反発こそしなかったが,いくらか距離をおいていたかもしれない。だから,父がこの道のりを日々どんな気持ちで通っていたのかなど,知る由もなかった。父は,そんな当時の私にどんな思いを抱いていたのだろうか。  私もあと数年で,そのときの父の歳になる。自らが「親」になって初めてわかる「親」の気持ちというものがあるが,今の私は,道中の安全と家族の無事を願う当時の父の気持ちが少しだけ理解できるような気がした。.

本校は昨日から6年生が修学旅行に行っている。  私は今年度の修学旅行にあたり,願っていることがあった。6年生の中に不登校傾向の子どもがおり,その子にもぜひ参加してほしいという事である。  修学旅行出発前日,その子は母親といっしょに登校して来た。後で知ったことであるが,前の日,クラスの友達が「修学旅行にいっしょに行こう。」と誘いの電話を入れていたらしい。  昨日(修学旅行出発当日)の朝,一抹の不安と期待をもって子ども達の集合を待った。しばらくして,次々登校してくる子ども達の中に,その子の姿を見つけた。少し不安そうにも見えたが,誘いの電話をしてくれた子どもをはじめ,何人もの子どもたちが声をかけていた。  当たり前のことであるが,その子がいつ登校してきても教室にその子の居場所があるように,機会をとらえてはクラスの子ども達に,その子の話題を提供していた担任の地道な努力が実ったようで胸が熱くなった。  今回「修学旅行にいっしょに行こう。」と声をかけた子ども。そして,その呼びかけに応えて修学旅行に参加した子どもの成長がうれしい。  今回の出来事で改めて,子どもを信じて待つことの大切さを学んだ。  今朝,団長から「全員元気で,2日目の見学地に出発します。」と連絡があった。団長の電話の声がいつにもまして,はつらつとさわやかに聞こえた。.

ありがとうございました。  今日天国へ旅立った奈菜ちゃんからのお手紙を先生が読んでくださいました。その中で奈菜ちゃんはとても楽しい日々を送っていたことがよく判りました。でも車にはねられて死んでしまって、すごくかわいそうだと思って涙が出てきそうになりました。  だからおじさんやおばさんの淋しい気持ちはわかるような気がします。わざわざこのお手紙をねこの奈菜ちゃんの気持ちになって書いて持ってきてくださった方に「ありがとうございました。」と言いたいです。ここまでねこの気持ちがわかっておられるのは、奈菜ちゃんなどのめんどうをとてもよく見ておられて、生き物をとてもかわいがる、やさしい方たちだからだと思いました。 このお手紙を読んで、生き物の命は大切にしないといけないあと思いました。 お手紙を書いてくださった方に本当にお礼を言いたいです。. 我が家では毎年春になると,旬の味を求めて妻と近くの山へ山菜採りに出かける。特にこの季節のたらの芽はてんぷらにすると甘くてとても美味しい。  今年も妻とこの味を求めて山に出かけた。ところが,毎年たらの芽が採れる場所では,枝や幹が折られたり,倒されたりして,頂芽だけでなく側芽を含め芽全体がもぎ取られているのだ。  旬を味わう楽しみが奪われたというより,人間の身勝手さ,貪欲さに寂しい気持ちになった。  その時ふと,私は,祖母の話を思い出した。祖母の家の庭に植えてある柿にまつわる話である。  秋になると,真っ赤に熟した柿の実を採るのが小学生の私の役目であった。その折,祖母は柿の木の上のある実のいくつかを必ず残すようにいわれていた。祖母は,「神様への贈り物」と幼い私に説明していたが,それは,鳥たちにも柿の実を残し,生を受けたものが自然の営みのなかで共に生きていくことへの教えであったと今になって思う。残した柿の実は,共生する生命たちへの贈り物なのである。  今年の山菜の収穫はいつもより少なかったが,祖母の姿を思い浮かべ,共生する生命に感謝しながら旬の味覚を家族で味わった。.

OOOOへ お誕生日おめでとう。 君が生まれた日にはこんな出来事が あったんだね。 新しい1年が幸せでありますように。 メッセージ全文をコピー&ペーストする>.

…        70  .  …  . NHK48.

はい集合〜!!チキチキハイBペットショップラブモーション選抜選手権を開くよ〜!!!とか一ヶ月に一回はのたまっていた去年。那須くんはうさぎが良い…でも多分犬…藤井くんにネズミは譲れないじゃんやっぱ…ってかはしもっちゃんも犬かな…ってか人数足りねえ… キャ〜!那須くん〜耳にかけて〜!. とある中学校の3年生全員が文化祭で劇をやると言うので,そのお手伝いをしに1週間,期間限定の臨時講師的な感じで中学校に通っていたときのことです。役者から道具関係,音照,映像など,3年生全員がなんらかの係に入っているので,私たちのメンバーが各々得意とするポジションを担当して,生徒のみんなと一緒に芝居を作っていきました。もう,ほんとに感動しました。  もともと,教えてあげるものなんて何にも持っていない私たちは,みんなにずっと教えて貰いっぱなしでした。  私として一番の壁は,やはり「言葉」でした。方言は勿論,普段何気なく使ってしまう乱暴な言葉や,社会に出た大人なら素通りするであろう何気ない言葉や行動が,彼らを傷つけてしまうのではないか?と,いろいろと考えて心配しました。  それから,舞台専門用語の変換です。上下(かみしも)は勿論,出ハケを「行く/戻る」に変えたり,「プリセット」を「準備」に変えたり,尺寸をセンチに変えたり…。でも,そこは生徒・彼らの方が柔軟で,うっかりこっちが「ここで役者がハケて来るから・・・あ,戻って来るから」と言い直すと,次からは「ここで役者がハケてくるんね」と,彼らの方から言ってくれたりしました。本当にみんなすごい!  役者の子達はもちろん,裏方の子達の台本まで書き込みがいっぱいで,ボロボロになっているのを見て嬉しくて泣きそうになりました。  「教えに行く」なんて気持ちは毛頭なく,「みんなと芝居を通じて遊びに行く」という感覚で東京から向かった広島だったのですが,最後には「彼らに誰かとものを作るということを教えてもらいに来たんだな!」とハッキリと思いました。  「誰かと何かを一緒にやる」「目の前の事を一生懸命やってみる」という事に関して,私たちよりもよっぽど優れている生徒・彼らに学んだことを宝物にさせてもらって,リセットされた自分を大事に,また次の舞台現場に行きたいと思います。みんな,本当にありがとう!.

「めちゃくちゃ怒られたら皆んな助けてね」

高崎: 地方は人が減って空き家が多くなっていたりしますからね。渥美さんのエピソードで僕が好きなのが、新幹線のホームで、渥美さんがおばさんに「寅さん!」と声かけられて、「渥美さんによろしくね!」と言われたっていう話があります(笑)。車寅次郎と渥美清みたいな関係で語られる役者さんは他にいない気がします。ちょっと前ですけど、NHKでやっていた、最後の48作目のロケーション現場にテレビ局が珍しく入ったシチュエーションがありまして。. こんにちは。 たぬきさんは、人生でなにを優先しますか? お金ですか? 酒ですか? 仕事のやりがいですか? 仮に、お金だとします。そのためには会社に働きに行かなければいけません。A型ということであれば、会社と雇用契約も結んでいるので、勤怠が安定していないと、収入も減りますし、会社からの評価も落ちます。ストレスや不安から逃れるために酒に依存してしまうのはあまりよくありませんよね。薬を飲んでいると思いますが、精神系の薬の場合、酒を飲み過ぎると効き目が強く出過ぎることがあります。私の知り合いの人も実際体調不良になって、酒を止めました。お金を優先するなら、体調不良を治すこと、そのためには酒は勤務のある日の前日はできるだけ控えて、次の日休みの日に存分に飲めばいいと思いますよ。 仮に酒を最優先するなら、仕事は適当に調子のいいときだけ働けばいいやという感じですね。糖尿病にお気を付けください。 こんなふうに自分が優先したいものがなにかを考え、そのために多少とも我慢すべきところは我慢してやっていく、という感じにすると、自分的になにかスッキリした生き方ができると思うんです。 最後にモチベーションの上げ方ですが、自分へのご褒美を用意するというのはどうでしょう?今日一日頑張ったら、・・・・・してもいい、という感じで。.

みなさんの声を聞かせてください 満足度 この記事の内容に満足はできましたか?  はい どちらでもない いいえ. さくらさん、コメントありがとうございます。 漫画や小説などの作品をネットで人に見てもらいたい時は、 大手のブログや小説(漫画)の投稿サイトがおススメです。 ホームページは全部自分で入力しなきゃいけないので、 ブログや投稿サイトだとそこの投稿方法に合わせるだけで、 簡単に掲載してもらえて人も多く見に来てくれるので便利です。 ネットに作品を載せたらぜひ教えてくださいね。 コメントとかいいね!とか応援に行きますよ。 お互い体に気をつけて創作活動頑張りましょうです。. 出張で広島に来ました大阪の会社員です。  本日,昼2時半ごろ広島駅のATMでお金を下ろした後,タクシーに乗ろうとしたとき, 「誰かATMでカードを忘れた方いませんかー。」 と,ものすごく大きな声で叫んでいる女子高生二人組がいました。もしやと思い,近づいて確認すると,それは私のキャッシュカードでした。 急いでいたので「ありがとう」と一言しか言えなかったのですが,駅前で人通りが多いのにもかかわらず,見ず知らずの誰かのために大声で叫んでくれた二人の女子高生に,改めて感謝の気持ちでいっぱいです。  おかげで,私の大切なキャッシュカードを紛失せずに済みました。   乗り込んだタクシーの運転手の方も,「すごい子達やなー」と感心しておりました。  自身の勇気ある行動とは思いますが,広島県での教育の質の高さも垣間見えた気がして筋違いかもしれませんが,こちらにメッセージを送らせて頂きました。  「大声で叫んでくれて,助けていただいたこと,本当に感謝しています。ありがとうございました。」  どうか,二人にもこのメッセージが届くことを祈ります。.

  • お母さんへ。誕生日おめでとう。 昔から「お母さんはお母さん」なのであまり 年齢の事を気にした事はなかったけど、 いつの間にかそんな年齢になったんだね。 いつまでも変わらず元気でいて下さい。 メッセージ全文をコピー&ペーストする>.
  • 高崎: かつ、東宝には黒澤明という怪物のような人がいて。淀川長治さんと監督の対談を読んだことがあるんですが、淀川さんが、山田さんが黒澤さんの自宅に行っているという話を聞いてすごく驚いていて。しかも映画の話をしているというのに、めちゃくちゃ嫉妬していて(笑)。自分が行くと批評家だからか映画の話は絶対にしてくれない。君にはそんなに映画の話をしているのか、って。実際よく黒澤さんのお宅には行かれていたんですか?. あーー!今年楽しかった!!! そうやって終われることがめちゃくちゃに嬉しくて楽しい。 それもこれもぜんぶもちろん那須くんのおかげである 来年度もどんどん見切れてほしい 去年の今頃、家でごろごろしながら私は「いや〜まさか二年連続ソシャゲにピーー… 今夜の蕎麦には茄子をいれます.

. JASSO 35, 5?        .

「とても良い素材をありがとうございました」

社会や人間のくだらなさに触れるかもしれません。 親しい人から、哀れまれ下世話な好奇心の対象になる。それはある種の仕方がないことです。自分がそういう立場になってしまったことは認めるしかない。それはいくら泣いてもどうにもならない。 ただ、そんなくだらない事のために悲しんでいるのはおかしい。 残念ながらそんな人はいくらでもわいてくる。だから何を言われても、どう思われていてもニコッと笑う覚悟をもちましょう。 あの辛い症状に耐えるのに比べたらへでもないですよ。 本当に強い人は、見下されたり軽く侮辱されてもニコッと笑える人。つまらない人には、笑って、そうですねー、とか適当でいいんです。 そんなくだらない人事に負けないでください。. はじめまして。 当事者のさくらといいます。 私も体調が良い時に、マンガや小説を書いています。 夢は趣味のサイトを立ち上げることです。 しかし、周りに創作をする仲間が少ないので りんごチーズさんのカキコミを見て 励みになり、コメントしました。 お互いぼちぼちでもいいので、描いていけたらいいなぁ。.

お父さんお誕生日おめでとう! 優しくて、たまに厳しいお父さん。 私の事をいつも気にかけてくれて有り難う。 これからも元気でいてね!

.              .  cm      cm    .

Account Options

この春から長女が親元を離れ,東京で大学生活を始めることになりました。将来の夢の実現に向かって着実に歩き始めた娘を心から応援したいという気持ちと,一方で会いたいときに会えない寂しい気持ちも予想以上に大きいと感じるこのごろです。  3月の引越しの日,上京して,長女と高校生の次女と3人で荷物の片付けをしていました。表面上はにぎやかに作業しながら,こうしていても確実に別れの「とき」は近づいているということで心は揺れていました。  荷物も片付いていよいよ別れのとき,私は,バス停まで送ってくれた長女に無理して笑って手を振り、バスに乗り込みました。胸にこみ上げるものを感じましたが,別れた後一人きりになる娘に最後に泣き顔を見せては不憫だと思いました。ここで絶対泣いてはならないと思いました。  でも,バスに乗り込みバスが走り出したんだとたん,これまでの緊張の糸が瞬時に解けて涙があふれてきました。傍らの次女が「お母さん,私というものがおるでしょうが。」とひょうきんに肩をたたいて励ましてくれました。その気持ちも嬉しくて笑っているのか泣いているのかわからなくなりました。  ちょうどそのとき,遠い日の思い出が鮮やかによみがえり,まさに情景が重なったのです。  今から28年前,私の姉がやはり親元を離れ,短大に進むことになったときのことです。当時高校生の私と母は,引越しの手伝いに出かけました。気丈な母は,荷物の片付けやら当座の買い物,大家さんへの挨拶をてきぱきと済ませました。そうしていよいよ別れることになったとき,駅まで見送りに来た姉に私たちは笑って手を振り,汽車に乗り込みました。汽車はホームを離れ,私たちは何も話しませんでした。それからしばらくして,窓のほうを向いたまま動かない母に気付きました。見ると肩を震わせ,静かに泣いているのでした。気丈な母の泣く姿など,私はこれまで見たことがなくて,正直うろたえたのを覚えています。何か声をかけなくてはと思い,「お母さん,私がおるでしょ。」と言ったのでした。その私の言葉に母は笑い,泣き顔といっしょになって顔がゆがみました。.

みなさんの声を聞かせてください 満足度 この記事の内容に満足はできましたか?  はい どちらでもない いいえ. 高崎: 地方は人が減って空き家が多くなっていたりしますからね。渥美さんのエピソードで僕が好きなのが、新幹線のホームで、渥美さんがおばさんに「寅さん!」と声かけられて、「渥美さんによろしくね!」と言われたっていう話があります(笑)。車寅次郎と渥美清みたいな関係で語られる役者さんは他にいない気がします。ちょっと前ですけど、NHKでやっていた、最後の48作目のロケーション現場にテレビ局が珍しく入ったシチュエーションがありまして。.

.

みなさんの声を聞かせてください

高崎: それこそ「相合傘」のメロン騒動とか、もちろん知ってはいるし何度も見てるんですが、でもやっぱり家でビデオで見てたりしていて。それが大きなスクリーンでそれを見ると新鮮な驚きがたくさんありました。くるまやのみんなのお芝居が見事なハーモニーというか、全員が実に細かくいい演技を無駄なくしている。おばちゃん(三崎千恵子さん)が目を大きくしたり、倍賞さんが何か言葉を飲み込んだり、大きいスクリーンで見ると全部が見える。改めてやっぱり大きいスクリーンで見た方が面白い。. 山田: いや、よく一緒でした。渥美さんが誘うんでね。どっか行きましょうよって言って。行き先も決めないで、なんとなく広島行きますかとか、とりあえず釧路に行きますかとか、そういう旅を何度もしたことがある。. 本文 子どもに伝えたい「心に響くちょっといいはなし」. お父さんへ お誕生日おめでとう。 ストレスがたまったら肩たたきするからね。 お酒は控えめに!                OOOより メッセージ全文をコピー&ペーストする>.

. 12 .

  • Keiko 15.12.2020 21:22

    小さな頃から生活のすぐそばにアイドルがいた。家族と乗る車の中でも、小学校の教室でも、常に流れていたアイドルソング。アイドルって存在が好きだった。顔の良いお兄さんお姉さんが、この世は全部幸せみたいな顔、もしくはこの世に幸せがなかろうとそんな… 星つぶひとつ.

  • Senichi 21.12.2020 03:18

    先月,平成25年度「みんなで作ろう ひろしま自慢」発表大会(西部地区大会)が,私の住まいの近くで開催されたので,行きました。10校の小・中学校の児童・生徒によるステージ発表がありました。  ステージに立った子どもたちの顔つきは引き締まって,輝いていました。本当に一生懸命の発表でした。目頭が熱くなり,胸がいっぱいになるような強い感動を覚えました。一生懸命ってすばらしいですね。発表が終わった時の子どもたちの自信に満ちた表情は,今でも忘れられません。このような子どもたちが育っているといううれしさで,幸せな気分になりました。 ステージ発表の最後をつとめた戸河内中学校の発表,「故郷を思う気持ちと,おもてなしの心を込めた全校合唱」は,70人の声がひとつにまとまって響いてくる素敵な歌声でした。にたにたした表情の生徒は一人もいません。男子も女子も,70人全員が,指揮者の指先に全神経を集中して一生懸命歌っている姿は見事でした。感動しました。戸河内中学校のスローガン「一生懸命が かっこいい!」まさにその姿を見ることができたように思いました。  一生懸命さに心を打たれた,感動いっぱいの発表会でした。発表者のみなさん,ありがとうございました。一年の終わりが近づき,今年一年を振り返ると,この発表会は今年のすばらしい出来事のひとつになりそうです。 来年の発表会には,さらにたくさんの人の参加があることを願っています。.

  • Tadako 12.12.2020 08:15

    山田: そういうこともあったかもしれないね。まあ仕事のために行くわけではないから。ただブラブラしようっていうことでね。.