三国志 人物 女性

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

初めての方へ。超入門。そもそも三国志ってなに? cw 魏 蜀 呉 その他 西暦〜年 父は後漢の高官。黄巾の乱で名声を上げる。袁紹の反董卓軍に参加し活躍。董卓の死後、漢の献帝を擁護し最大勢力を築く。「治世の能臣 乱世の奸雄」(平和な世では能力のある臣下、乱世では天下を狙う危険な人物)といわれ、悪人のイメージが強いが、後世に多くの功績を残した人物として評価されている。. 三国志では「政略結婚」の話がいくつか出て来ます。まぁこれは「活躍」というよりも「権力闘争の道具」となってしまった印象もありますが、「自国の組織固め」「敵国との関係強化」に強い影響力を持つ訳ですから「活躍」と表現して良いでしょう。 話としては、袁術(公路)の息子と呂布(奉先)の娘との縁談(破談)。劉備(玄徳)と孫尚香(孫夫人)、曹操(孟徳)が曹節、曹憲、曹華の三姉妹を献帝の后としたことなどが主なものです。物語の中で一番多く扱われるのは、劉備(玄徳)と孫夫人の話です。 劉備(玄徳)には4人の妻がいたとされていますが、そのうちの一人です。赤壁の戦いの後に、政略的に結婚した感がありますが、夫婦仲は良く、後に劉備(玄徳)の後継者となる阿斗の面倒も良く見ていました。武芸を好み、侍女たちにも武装させるなど「男まさり」な面もありました。しかし、呉と蜀の関係が悪化すると、またもや政略によって一人、呉へ帰国することとなります。.

西暦~年 黄巾の乱で名声を上げた父・孫堅。その跡を継いだ、兄・孫策が暗殺され、19歳の若さで呉の当主となる。優れた人材を見抜く力と、寛大な心をもち、周瑜や魯粛ら臣下との信頼も厚い。西暦年に皇帝の座に就き、年まで長生きしたが、有望な後継者に恵まれず、呉は年に滅亡する。. 三国志好きの方の中には、ゲームから好きになった方もいるのではないでしょうか。「三國無双シリーズ」などは人気であり、そこから活躍した女性を思い浮かべる方もいると思います。しかし、三國無双シリーズなど三国志関連に登場する女性の中にも、架空の女性も多くいるのです。 例えば、呂布にハニートラップを仕掛けたとされている「貂蝉」や呂布の娘とされている「呂玲綺」も架空の人物となっています。モチーフになった女性はいるのですが、実際の名前などについてはわかっていないのです。このように、三国志関連のゲームには、架空の女性も登場するため、実在しないケースもあるので注意してください。.

最近話題のキーワード 三国志 演義 で話題のキーワード 劉備 関羽 張飛 諸葛亮 趙雲 馬超 龐統 曹操 司馬懿 張遼 夏侯惇 荀彧 孫堅 孫策 孫権 周瑜 呂蒙 太史慈 三国志 呂布(りょふ). 西暦~年 知恵と武力を兼ね備えた名将。同い年の孫策とは若い頃から固い友情で結ばれ、兄弟同然の仲であった。孫策亡き後は、孫権に仕え、呉軍の総司令官として、赤壁の戦いで大勝利を収める。その才能ゆえ、諸葛亮とは常に対立する。. 架空の人物という説が有力ですが、三国志演義において董卓(仲穎)と呂布(奉先)を翻弄し、ふたりを仲違いさせ、呂布(奉先)が董卓(仲穎)を討つように仕向けて行きます。策略は成功し、董卓(仲穎)は討たれ、民衆を恐怖のどん底に陥れていた董卓(仲穎)の悪政時代が幕を閉じます。 絶世の美女と謳われた貂蝉は董卓(仲穎)に政務を任されていた王允(子師)の養女として育てられました。当時、董卓(仲穎)の悪政に疑問を抱いていた王允(子師)は、董卓(仲穎)の最強の部将であり、ボディーガード役だった呂布(奉先)を董卓(仲穎)と仲違いさせようとしますが、その「仲違いの手段」に良策がなく悩んでいました。そんな「養父」の身を案じ、貂蝉は「身寄りのなかった自分を育ててくれた恩返しがしたい」と進言します。そして、貂蝉が提案した「一計」は、自分(貂蝉)が董卓(仲穎)と呂布(奉先)の両方から気に入られ、ふたりを仲違いさせる…というものでした。 「女」を武器に男たちを翻弄する一計…。一般的には「下策」ですが、貂蝉は「悪女」として描かれていません。むしろ親孝行者…という扱いです。権力を握り、欲望に歯止めが効かなくなっている董卓(仲穎)と呂布(奉先)にこの計略は見事に功を奏します。結果的に時の権力者を討ち取り、大将軍を失脚させた一計です。そして、事の顛末を見届けた貂蝉は、自らの命を絶ちます。.

三国志 演義 トップ 人物・武将 三国志の時代でも女性が活躍!実在した女性を紹介!.

貂蝉と並んで絶世の美女と称されるふたり。大喬は孫策(伯符)と、小喬は周瑜(公瑾)とそれぞれ結婚します。表立った舞台にはほとんど登場しませんが、三国志のひとつの大きな岐路となった「赤壁の戦い」において絶大な存在感を示します。しかも、その「存在感」は彼女たちが実際に行動した訳ではなく、たったひとつの「口実」に過ぎないのです。 赤壁の戦いでは、攻め込んだ曹操軍が約20万、呉と劉備(玄徳)率いる荊州軍が合わせて5万。兵の数では圧倒的に不利。しかも江南において数年来平和だった呉国の兵士は「実戦慣れしていない」状況にあります。ここに出て来るのは「降伏論」でした。大都督(軍司令官と州の長官を兼ねた地位)の立場にいた周瑜(公瑾)は、当然のことながら「開戦か降伏か」の議論に大きな影響力を持ちます。当初、周瑜(公瑾)は降伏を考えていたとも言われています。 しかし、曹操(孟徳)が二喬を奪おうとしていることを諸葛亮(孔明)から伝えられると、周瑜(公瑾)は、これに激怒して開戦を決意します。 三国志における天下分け目の大戦…その開戦の決め手になったのは女性…だったのですね。.

ランキング 1. 三国志 演義 トップ 人物・武将 三国志で活躍した女性たち 労いや養育の面で女性は長けている. 西暦~年 曹操をあと一歩まで追い詰めるも、策略によって仲間割れが起き、漢中の張魯の下へ。そののち劉備軍の配下となる。張飛と渡り合うほどの猛将で、五虎大将軍の一人。. 三国志演義 正式名称:三国演義 は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?.

生年不明~年 誰もが恐れる最強の武将。主君を裏切り殺害し、董卓の養子となる。やがて、高官・王允の策略により、董卓を殺害。劉備から徐州を奪うも、智謀に欠ける面があり、曹操・劉備連合軍に破れ処刑される。. 貂蝉と並んで絶世の美女と称されるふたり。大喬は孫策(伯符)と、小喬は周瑜(公瑾)とそれぞれ結婚します。表立った舞台にはほとんど登場しませんが、三国志のひとつの大きな岐路となった「赤壁の戦い」において絶大な存在感を示します。しかも、その「存在感」は彼女たちが実際に行動した訳ではなく、たったひとつの「口実」に過ぎないのです。 赤壁の戦いでは、攻め込んだ曹操軍が約20万、呉と劉備(玄徳)率いる荊州軍が合わせて5万。兵の数では圧倒的に不利。しかも江南において数年来平和だった呉国の兵士は「実戦慣れしていない」状況にあります。ここに出て来るのは「降伏論」でした。大都督(軍司令官と州の長官を兼ねた地位)の立場にいた周瑜(公瑾)は、当然のことながら「開戦か降伏か」の議論に大きな影響力を持ちます。当初、周瑜(公瑾)は降伏を考えていたとも言われています。 しかし、曹操(孟徳)が二喬を奪おうとしていることを諸葛亮(孔明)から伝えられると、周瑜(公瑾)は、これに激怒して開戦を決意します。 三国志における天下分け目の大戦…その開戦の決め手になったのは女性…だったのですね。.

三国志 演義 トップ 人物・武将 三国志の時代でも女性が活躍!実在した女性を紹介!.

205 ……. soki.    Yaspon.

歴史の影に女あり!絶世の美女たち

三国志で活躍した女性たち 労いや養育の面で女性は長けている. 三国志・一騎打ち最強の武将は誰なのか!? DONA. 三国志では「政略結婚」の話がいくつか出て来ます。まぁこれは「活躍」というよりも「権力闘争の道具」となってしまった印象もありますが、「自国の組織固め」「敵国との関係強化」に強い影響力を持つ訳ですから「活躍」と表現して良いでしょう。 話としては、袁術(公路)の息子と呂布(奉先)の娘との縁談(破談)。劉備(玄徳)と孫尚香(孫夫人)、曹操(孟徳)が曹節、曹憲、曹華の三姉妹を献帝の后としたことなどが主なものです。物語の中で一番多く扱われるのは、劉備(玄徳)と孫夫人の話です。 劉備(玄徳)には4人の妻がいたとされていますが、そのうちの一人です。赤壁の戦いの後に、政略的に結婚した感がありますが、夫婦仲は良く、後に劉備(玄徳)の後継者となる阿斗の面倒も良く見ていました。武芸を好み、侍女たちにも武装させるなど「男まさり」な面もありました。しかし、呉と蜀の関係が悪化すると、またもや政略によって一人、呉へ帰国することとなります。.

soki 1! soki .

魏武 三国志 欢迎光临 * 天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。 烈士暮年 壮心不已

西暦〜年 前漢の皇族の末裔。若い頃は、草鞋を編んで生計を立てていた。漢王朝の復興のため、義兄弟の関羽、張飛とともに、黄巾の乱や反董卓軍で名声を上げる。義を重んじる強い意志と、人徳があるも、不遇の時代は長く、軍師・諸葛亮を得てから、曹操、孫権に並ぶ勢力へと成長を遂げ、蜀の初代皇帝となる。. 三国志の時代に実在し、活躍した女性を紹介する前に、当時の女性の説明しておきましょう。当時は、男尊女卑が強いとされています。実際に、当時の資料などだと女性は姓しか記されていないケースが多々あり、男尊女卑の傾向が強かったことが窺えるのです。 また、三国志は『正史三国志』と『三国志演義』があります。正史三国志は歴史書であり、基本的に歴史に忠実となっています。その一方、三国志演義はフィクションも混ぜられており、あくまでも物語とみることができます。そのため、三国志の時代に活躍した実物の女性は、正史三国志で記述されている女性と考えるべきでしょう。.

三国志 演義 リッチ サマリー.

  • 三国志 演義 リッチ サマリー.
  • トップページ 見どころ 人物紹介 用語集 あらすじ.
  • 西暦~年 劉備・関羽の義弟。圧倒的な武力を誇り、その怒声は雷鳴の如く轟いたとされる豪傑。しかし、口が悪く、大酒飲みで、部下に厳しく当たるため、失敗を招くこともある愛嬌のある人物。.
  • 生年不明~年 誰もが恐れる最強の武将。主君を裏切り殺害し、董卓の養子となる。やがて、高官・王允の策略により、董卓を殺害。劉備から徐州を奪うも、智謀に欠ける面があり、曹操・劉備連合軍に破れ処刑される。.

soki .

「誰が一番強いか」を競い続ける男たち

西暦~年 曹操の嫡長子。兄二人の早世で第一後継者に。跡目争いで弟の曹植に勝ち、曹操の死と共に魏王に即位。同時に献帝に禅譲を迫り、魏の初代皇帝となった。魏の内政安定に務めたが、わずか40歳で病死。. 西暦~年 若くして、孫策と孫権に仕え、周瑜のもとで赤壁の戦いなどで功績を挙げる。また学問にも励み、知勇兼備の名将に成長する。周瑜、魯粛の後を継ぎ孫権を支え、やがて蜀の関羽を倒す。. 西暦~年 孫権の右腕として活躍した知将。呂蒙とともに、関羽を打ち破り、荆州の奪還に貢献する。年、呉 軍の総司令官に任命されると、夷陵の戦いにおいて、劉備率いる蜀の大軍勢を火攻めにして破った。. 西暦〜年 父は後漢の高官。黄巾の乱で名声を上げる。袁紹の反董卓軍に参加し活躍。董卓の死後、漢の献帝を擁護し最大勢力を築く。「治世の能臣 乱世の奸雄」(平和な世では能力のある臣下、乱世では天下を狙う危険な人物)といわれ、悪人のイメージが強いが、後世に多くの功績を残した人物として評価されている。.